水漏れ修理ならお任せを

自分で修理可能な排水口つまり

家庭には多くの水回り設備機器があり、時々トラブルが発生する事もあります。

最近では蛇口も昔ながらの単水栓はほとんど無くなり、リング状のパッキン交換で簡単に自分で修理できるトラブルはほとんどなくなりました。ネットにはトラブルの原因と修理方法がアップされていますが、実際にやろとすると、工具がなくて分解できなかったり、構造がネットで記載されている例と異なると、たちまちどうすれば良いのか分からなくなり、断念すると言った事が多いのです。やはり水のトラブルが発生した場合には、専門業者に修理依頼するのが原則と考えておく方が無難です。そんな中で、唯一自分で試みる価値があるのが、キッチンの排水口つまりです。

このつまりは、流し台で油を使ったフライパンや食器を洗ったりする事で油分が排水に流れ、同時に食材の細かいゴミ等が流れてつまりを発生させているものです。油分と細かいゴミが排水口の壁面にこびりつき、つまりとなってしまうのです。こうした原因によるつまりが多い事から、これに対処できる専用クリーナーが市販されています。シンクに溜まった水を汲みだすか、チョロチョロと流れる場合には流れ切るのを待ちます。その上で、排水口に市販のクリーナーを流し込み、1時間程度放置します。

そしてタオル等でキッチンの排水口に栓をして、シンクに水を溜めます。水が溜まったところで、タオルの栓を抜いて、一気に水を流します。こうする事で、油分とゴミがクリーナーで溶解された状態で大量の水を流すので、つまりの原因となっていたものが流れるのです。漏れでも駄目な頑固な場合や、何か異物を落とした事が原因で排水口つまりが起こっている場合には、すみやかに専門業者に修理依頼すべきです。専門業者は、お住いの市町村名と排水口つまり修理でネット検索すれば、多くの業者を見つける事が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *