水漏れ修理ならお任せを

水のトラブルでは何をすれば良いか

水のトラブルはいつかは経験する可能性が高いため、対応方法を把握して適切に行動できるようにしましょう。

対応の1つにDIYによる修理があり、パッキンやバルブカートリッジの損耗で漏れが発生しているなどの複雑ではない状況なら費用を抑えられます。ただし、分解や組立の作業があるためモンキーレンチやトルクレンチなどのあまり馴染みのない工具が必要になり、買い揃える出費や失敗してから修理を依頼すると高くなることなども考慮します。

対応が難しいときなどは水のトラブルの修理を専門に行っている会社に依頼することになりますが、例えば便器が割れて漏れている場合などは専門家でも対象外になり、買い替えが必要です。どこに依頼するのか問題になりますが、特別な理由がない限り大手にするのが良いでしょう。大手に連絡しても現場に訪問するのは近場の提携会社になりますが、協力関係を継続するために利用者から不満の出ない対応を心掛けているため、聞きなれないところに依頼するよりも信頼できます。

それでも作業の質が均一ではないため、時間に余裕があれば相見積もりで水のトラブルの原因に対してどのような修理をするのか、金額に妥当性があるか比較すると納得できる会社を選びやすいです。また、通常であれば割増料金になる深夜や早朝の訪問は避けた方が良いですが、日中は仕事で修理ができない場合には利用するしかありません。割増の計算方法も各社で異なるので、確認して安くなるところにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *