水漏れ修理ならお任せを

水回りのトラブルはプロに依頼するのが安心

水漏れの原因は様々で、勢いよくたくさん噴き出している場合もあれば少しずつ漏れている場合もあります。

台所の蛇口のレバーやハンドルの周辺にトラブルがある場合は、パッキンなどの部品の劣化が原因と考えられます。取り付けられてから10年位経過すると、蛇口の中にあるパッキンや部品が消耗します。10年以上経過している場合は、突然水漏れなどのトラブルが発生する可能性があります。

蛇口のタイプが昔からあるひねるものなのか、レバー型タイプのものなのかによって修理の方法や必要になる部品は変わります。古いタイプの蛇口のトラブルは、パッキンを交換するだけで解消される可能性があります。レバー式ハンドルやサーモスタット式混合栓の場合は、中のカートリッジが故障していることが考えられます。カートリッジをメーカーから取り寄せ、交換すれば修理することは可能です。しかしレバー式ハンドルやサーモスタット式混合栓は構造が複雑なので、専門の知識のない素人が修理するのは無理があります。

かえって状況を悪化させる可能性もあるので、自分で行うより専門知識が豊富なプロに依頼するのが正解です。水道管全体を新しいものに交換する必要があるトラブルも、素人が自分で修理するべきではありません。一度トラブルを起こした水道管は再び水漏れを起こす可能性が高く、最初に気づいたときよりも被害が広がっている可能性があます。素人が下手に修理を行うより、プロに依頼して任せたほうが確実で安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *