水漏れ修理ならお任せを

水道の工事を行った場合の注意点

水道というのは配管によって水が循環している設備であり、鉄管や塩化ビニールを材料に使って水を各家庭に運んでくれます。

水道は常に水が配管内を循環しているために劣化が生じてしまい、自然環境による劣化を防ぐ意味で地中に埋設されてることがほとんどです。これは地上に出ていると物理的な打撃や温度による変化を受けやすいからであり、地中にあることで温度変化の幅が狭くなり、物理的な衝撃を受けにくいので耐用年数を長くすることができるというメリットがあります。

それでもいずれは交換しなければ永久に維持できるわけではなく、地震や地盤沈下などの災害で配管が影響を受けて水漏れを起こす場合があるので、そのような不具合が発生すると工事を行っても修繕します。この工事では水の給水を停止してから配管の交換を行い、水道工事が終了すれば給水を再開するというのが一般的な流れです。

この場合に問題になるのは使用を開始した直後は汚れた水や異臭のする水が流れる可能性があることであり、現在は工法を変えてこのような不具合が起きないようにすることもできますが、全ての地域でこの工法は行われていないので、工事をした直後には水道をすぐに使わずにしばらくは水を流して元の状態になるまで待つことが大切になります。この汚水は工事を行っていた時に発生した土砂や配管を切断したりする時に使う油などであり、匂いは新しい配管を使ったために起きるものと、土砂や油の臭気であることが考えられます。水の給水が開始されて蛇口を開けた時、以前とは違う状態であればすぐには使わないことが賢明です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *