水漏れ修理ならお任せを

賃貸住宅での水漏れトラブルの修理

賃貸住宅で水漏れのトラブルの修理をする場合、知っておく必要があるのが連絡先と費用の負担です。

水回りの設備は家主や管理会社が正常に使えるように維持する義務があり、通常は直接専門家に依頼するのではなく、管理会社に連絡して対応してもらいます。夜間で連絡が取れず朝まで待てない状況であったり、指示を受けた場合のみ自分で依頼します。費用の負担は老朽化が原因であるなど、過失がない場合には維持するために管理費が賃料に含まれているので支払う必要がありません。

特約に住人が負担するように記載があっても無効であると判断されますが、確認せずに入居すると揉めることになるので契約するときに意識を合わせておくと良いでしょう。緊急時で自分で水漏れトラブルの修理を依頼した場合には、その原因を説明できないと費用負担に影響が出るため、証拠となる書類を作成するか、難しければ管理会社への説明をしてもらいます。

水漏れトラブルの修理では、老朽化が原因のときは自室に影響がなくても階下の天井から水が落ちていることがあり、その住人から苦情を言われるケースもあります。この場合は落ち着いて管理会社へ連絡し、自分の水道の利用には過失はないので責任はないことを説明しましょう。ただし、蛇口を閉め忘れて外出したのが原因である場合などは責任があるので注意します。賠償額が高額になることもあるので、保険に加入しておくと安心です。補償の範囲が自分か他社の財産であるか確認して、適切なものに加入します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *