水漏れ修理ならお任せを

浴槽つまりを予防しよう

浴槽の排水口は2つあるのが一般的で、浴槽内と洗い場に1個ずつ計2つあります。

浴槽内にでている配水は洗い場の下の配水管につながり外の下水に流れる構造になっています。下水に流れる管は途中で折れたりと、悪臭や虫などが入れないような構造になっています。そのためどこかで浴槽つまりでゴミがたまり、浴槽つまりができるようになります。まずは水の流れる口の方から掃除するのが良いでしょう。排水カバーとヘアーキャッチャーを外して洗うとつまりが解消できます。

髪の毛はすぐにたまりますので、丁寧にブラシなどでこすって水の通りをよくするだけで解消します。入り口のほうで解消されなければ奥です。自分でおこなうにはパイプクリーナーなど市販のもので奥につっこみこすり落とすようにおこないましょう。トイレに使用するラバーカップを水をためて空気が入らない状態で排水栓に当てて何回も上下させることで奥の異物を動かし、浴槽つまりをなくすことも有効な手段です。

予防としては毎日お風呂のおわりにヘアーキャチャーの髪の毛を取り除くだけで臭いやつまりを防止できますし、洗い場の口にカバーをつけてはがすタイプのものも市販されています。臭いが激しい場合は、市販のパイプクリーナーを投入してきれいに掃除をしましょう。シャンプーや石けんのカスにはクエン酸が有効です。オムツなどポリマーのあるものはそのまま流さないと思いますが、中身の素材が水で膨らむ構造のものなので流さないように注意をします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *