水漏れ修理ならお任せを

DIYで蛇口の水漏れ修理をおこなう方法

トイレや浴室など、水回り設備には必ず蛇口が備わっています。

これらは1日に何十回と使用するため、住居内で劣化しやすくてトラブルも発生しやすい箇所になります。特に水漏れが起きた際は、水道代金も高くなってしまうので早急に適切な対処をしたいところでしょう。水道修理専門会社に依頼すれば迅速に処置をしてもらえますが、水漏れ修理であれば工賃と材料費を含めると約1万円になります。専門技術を有したプロが対応されるので料金が割高になる傾向ですが、蛇口の水漏れ修理程度であればDIYで対応することも可能です。蛇口の水漏れ修理に必要なものは、16水栓用パッキン・防水テープ・プライヤーの3つです。

どれもホームセンターで購入することが可能で、すべて揃えても2000円以内で収まります。修理をおこなう際はまず最初に、給水栓を閉めましょう。元栓とも呼ばれており、住居内のすべての水道の水を止められる設備です。多くのご家庭で玄関に設置されています。この給水栓を止めないとパッキン交換時に水が噴き出すので、必ず閉める必要があります。

パッキンが備わっているのは蛇口の根本部分で、取り外す時はプライヤーという工具を使います。反時計回りにナットを緩めれば、蛇口を水栓本体から取り外してパッキンを入れ換えられます。この時m水栓側のネジ山に防水テープを巻いておけば、水漏れしにくくなり、パッキンの耐久度もあげられます。後は取り外した部品を元通りにすれば完成です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *