水漏れ修理ならお任せを

蛇口の水漏れの修理を自分で行う時の注意点

水道の蛇口からシャワーのような水漏れを経験した人は多いはずです。

頻繁に起こることではないですが一軒の家には水道の蛇口は、何ヶ所もあるため一度は自分で修理をしようとした人はいるはずです。蛇口の水漏れの原因のほとんどは水道の蛇口に入っているパッキンが、長年使用しているため劣化が進み水漏れを起こすのがほとんどの原因です。そこで水道のパッキンをホームセンターに行って購入して修理を行います。

どこのホームセンターでも販売しているので簡単に用意できるはずです。またナットを外すプライヤーがあるかないか確認してない場合は購入します。ナットは何でも回すことができると思って古いサビたようなペンチを使用すると、ナットの山が崩れてしまいネジ馬鹿になって何回回しても外れなくなってしまいます。

こうなってしまうと素人では直すことが出来なくなってしまいます。長年使用しているナットは経年劣化で山が無くなっている場合があるので、専門のプライヤーを使用することがミスをなくします。そして失敗の中で多いのが水道の元栓を閉めないで修理を行ってしまうことです。自宅では敷地内にありますのですぐに分かるはずですが、マンションなどでは分かりにくい場合があります。事前に確認してしっかり閉めてから作業をすることが重要です。元栓を閉めないとキッチンの床に噴水のように水が噴き出し、後で清掃するのが大変で床の水をふき取るにもかなりの時間がかかってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *