水漏れ修理ならお任せを

蛇口の簡単な水漏れ修理は自分でも可能です

洗い物をしようとして、キッチンの水道の蛇口やレバーを開いたとき、水漏れがしたという経験は多くの方がお持ちではないでしょうか。

蛇口の水漏れといっても場所や状況は様々です。水の出ている蛇口の吐水口・パイプの付け根・ハンドルの下・蛇口のとりつけ口等が挙げられます。その状況もじんわりと滲み出してくるものから噴き出すものまでいろいろありますが、原因の多くは年数がたって部品が劣化のようです。水道の蛇口は大きく分けてシングルレバー式混合水栓(これは現在主流をなしているものです)、ハンドル混合水栓(古くから使用されている水と湯のハンドルが別々についているもの)があります。水道の修理は難しいと敬遠しがちですが、実は工程を把握しているなら自分でも可能です。

ネット上には水栓別にきちんと写真や図いりで説明されているものが出ていますので、普段から興味を持って理解し、必要な部品などをそろえておくといざというときに慌てなくてすみます。

キッチンに関して言えば、部品が劣化して交換を必要とする目安が10年位と言われていますので、そのことを頭においておくとよいでしょう。とはいえ、自分で水漏れの修理はハードルが高いという人も多いでしょう。水漏れは早急に修理を必要とする場合も多く、その場合24時間対応の業者さんに依頼すると便利です。電話1本で多くは1時間以内に作業員が対応してくれます。作業に当たっては事前見積もりも出してもらえます。日ごろから目立つ場所に連絡先などを掲示しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *