水漏れ修理ならお任せを

自分で修理可能な蛇口の水漏れ

水回りのトラブルとして、蛇口の水漏れはよく起こるトラブルの一つです。

水漏れは床を濡らし放置しておくと大変な事になる可能があるため、家庭の止水栓を止めて早期に専門業者さんに修理依頼すべきです。ただしいくらハンドルをきつく締めても、蛇口の先端からポタポタと水漏れしているケースでは、タイプによっては自分で修理できるものもあるので、該当の場合は、まず自分でチャレンジするのも良いでしょう。水栓のタイプには、昔ながらのハンドルを回して水を出したり止めたりする単水栓、2つのハンドルで水栓のからの水とお湯をコントロールして水量と温度を調節するツーバルブ混合栓、そして最近増えている一つのレバー型のハンドルで温度と水量のコントロールやお湯を出したり止めたりの全てが行えるシングル混合栓があります。

この3種類の中で、シングル混合では、内部のカートリッジを交換する必要がありカートリッジの種類が色々ある点と、蛇口の分解が難しいので、専門業者にお願いするのが無難と言えます。

しかし単水栓とツーバルブ混合の場合は、それぞれの水栓のハンドル下のネジを回して分解すると、その内部にゴムパッキングが入っており、このゴムパッキンを交換するだけで修理できるので、この場合はまず自分で修理に挑戦しても良いでしょう。ネット記事では難しい修理も自分で行える様に記載されていますが、中々上手くいかないのが実態です。水のトラブルが生じた場合には、この蛇口の水漏れのケースの様に、自分で挑戦して直りそうなものと、専門業者さんにお願いすべきものを見極める事が大切と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *