水漏れ修理ならお任せを

蛇口からの水漏れの修理について

一般的に住宅にはさまざまな設備があって、電気や給排水や空調や太陽光発電設備などが設置されています。

普段滞りなく利用している設備機器が使えなくなることは突然発生し、その影響は時として計り知れないほど大きなものとなることもあります。トイレや台所や風呂などの給排水設備のトラブルも、発生すると影響が大きな部類となりえます。水栓は、使っている際の振動でネジ接続部が緩んでしまうことで漏れが発生することがあります。

屋内であれば流れ出た水が床を伝わってすぐに発見できますが、外部の庭などにある外流しや散水用の水栓が漏れたままであるとすぐには気付かないので、後日に送られてくる水道料金の請求の金額に驚かされることになります。出た水は屋外の場合は、土に浸透することがほとんどなので他への迷惑はかかりませんが、屋内での漏れ出た水は2階から上の階であれば下階に伝わってしまいます。

この場合は、漏れを起こした側の責任となるので、濡らしたり汚してしまった天井材や壁クロスの清掃や貼り替え作業費を請求されることとなります。蛇口からであれば、蛇口本体の緩みから起こっていることが多いので、増し締めで修理できる場合が多いです。それでも直らなかった時には、その蛇口系統の元のバルブを閉めておくことで、これ以上の水が出ることは避けられます。

このケースではDIYによる修理には限界があるので、水道業者などの専門家に委ねて直してもらうことがよいです。漏れを発見したらすぐに、状況を調査して原因を特定して必要な修理をする、これが影響を最小限に抑える得策であります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *