水漏れ修理ならお任せを

トイレ修理をするときのおすすめ

毎日使うトイレは、7~8年で耐用年数を経過する消耗品です。

10年以上使い続けているという人も多いと思いますが、10年以上経過していて水漏れなどの不具合が出てきた場合には、今後故障する可能性が高いので早めに交換することをおすすめします。最近のトイレは丈夫にできているため10年くらいの物ならば、修理することで再び使うことができるようになる場合が多いのですが、使われている部品の耐用年数をこえているため他の部分に不具合が起こる可能性が高くなってきます。

10年以上使っていても汚れが気にならなくて不具合もない場合は、もったいないので使い続けても良いと思いますが、汚れが気になるようになってきたり不具合が生じてきた場合には、耐用年数を考えると交換をする方が水トラブルを防ぐことができます。10年以上経過しているトイレ修理をするときにおすすめなのは交換ですが、せっかく交換をするならリフォームをすることも検討してみてはいかがでしょうか。修理とリフォームを別々にするよりも、人件費や工賃などを節約することができ毎日使うトイレをきれいにすることができます。

トイレをおしゃれにリフォームすることで気分がリフレッシュできますし、掃除なども楽になります。最近では自動洗浄機能が付いており掃除が簡単になるタイプやすっきり見えるタンクレスがあるので、便器を交換して壁紙や床のクロスを貼りかえる、タンクレスと合わせて小型でおしゃれな手洗いを設置するなどのプチリフォームの見積もりを取ってみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *