水漏れ修理ならお任せを

台所の排水口の仕組みを知ってから排水管つまりを改善

台所の排水管つまりを改善するには、排水口の構造を知っておくことも重要で、大体は蓋が付いていてこれは黒っぽいゴム製や金属などがあり、大体は臭い防止のためについてます。

黒っぽいゴム製だと下へフタゴムと言われる中蓋が付いていて、放射線状に8分割れの切れ目が入っていて野菜の切りくずなどを落とせて落ちたものは見えにくいです。次にあるのがごみ受けと排水バスケットで、キッチンの排水口つまりで最初に確認したいもので、細かく穴が開いているかごになってます。材質や深さは違いますが、野菜の切りくずなどを少しだけ溜められるようになって、その後にトラップがあります。

ここに水封の水がたまっていて排水管から臭いが揚がってくるのを防いでます。その下にあるのが排水管です。排水管は一戸建てや集合住宅でタイプが違い、色々な形状があって材質なども塩ビ製や蛇腹ホースになっているものが多いです。素人が排水管つまりを解消出来るのはここまでで、その下へ不具合が出た場合は専門業者に依頼するしかありません。つまりが排水管よりも前なら自分で直すことも可能です。台所で排水管つまりが起きやすい所は、トラップ周りと排水管の中です。

トラップ周りが詰まっているときは、素人でも簡単に分解出来て原因も直に見る事が出来ます。ごみ受けなどを持ち上げてワントラップの上を捻って持ち上げると何が詰まっているか見えます。排水管の中だと多少難しく、目で見えない所を対処するために、専用のクリーナーなどを使って汚れを溶かすか、排水管を取り外して直接つまりの箇所の汚れを落とします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *